忍者ブログ
140字に収まらないアレコレを。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思い返せばテンパってたとしか言えない。

立案から当日まで二週間。迷う暇もなく準備進めて。
スカイプにボイチャ。見つからないタコヤキ羊羹。
大渋滞の大遅刻。全員初めましての人達。
先制攻撃される亜鉛飴、大量のジンジャエール。
武器屋とメイドカフェと東京タワーと羽田空港。
泣きそうになった岐路。

そんな初めてのオフ会から丁度一年。





2009年5月5日12時19分、
サンダーバード11号にて金沢駅に到着。




2009/5/5(火)~2009/5/6(水)
突発オフ西の陣『小京都で兄さんと握手』




自分:金沢駅到着しました

ねむちゃん:・ω・早い早いよ
エリさん:はえぇ~!


ええい、集合時間3時間前は重々承知しておる!
フライングにもちゃんと理由があるんだ!
まずは銭湯の場所突き止めなんだ!
駅から歩いて5分位のとこのはずなんだ!

20分かかったのも想定の範囲内。
そこも踏まえた時間設定なんで問題ないです。




銭湯から戻って14時、金沢駅構内を徘徊。



駅地上。やかん。

新しくて広くてキレイで何か前衛的デザインな金沢駅。
大きい駅で人通りも多い。なのに。



駅地下。

ちょっと外れた所へいくと一挙に閑散と。
無理に拡張しまくってすっかりカオスな
大阪要所駅を見慣れた自分にはちょっと新鮮でした。




15時、改札前にて合流。初めましてと久しぶり。
余韻にひたる間もなく次の行動開始。
目指すは兼六園石川門、兄さんが僕らを待っているんだ・・・!


自分:15:30あたり到着予定です。

兄さん:マイゴスキルきた

に、兄さん・・・!?


集合場所目前になりtel。

自分「今、門近くまで来たけど兄さんどこ?」
兄さん「ああ、門向かう」
自分「えーと、今橋渡る手前のとこなんだけど」
兄さん「あれか!逃げていい!?」


に、兄さあああああんんんn!!??


目の前の現実から逃げないで!
例えそれが不審集団であっても!!


おびえつつも近付いてきた小動物の兄さんを
ナウシカ4人でがっちり包囲、兼六園へ。
5歳以下入場無料はさbんさん(仮名)いないんで無理でした。






兼六園はいかにもな手入れされた庭園という感じ。
勾配+砂利がちょっと滑りやすいので注意。
ええ、すべりましたおあっていったただけですこけてません。




時期的に花は少なめ。
家のつつじは散り間際で、兼六園のは咲き始め。なんとなく気候差を実感。
春終わり頃の青々した新芽もいいけど、
やっぱ桜とか紅葉の時期が楽しそうだと思います。




あ、鯉おる鯉。




あれよあれよと言う間にミッシリ。
きっちり餌付けされてるらしく覗いてたら集まる集まる。



途中、いくつか休憩できそうなお茶屋さんがありましたが、



早々と店じまい。早いよまだ16:30だよ閉園は18時だよ・・・!
人通りの多いところはまだ開いてるところもあったんですが、




「私が忘れたくても、この目がペ様の顔を覚えてる。
この心がペ様の言ったことを覚えてるの。私、どうしたらいいの?」
→元ネタはこちら


ま た 貴 様 か 。
いや、ペ様が悪いんじゃなくて、
DVDエンドレス再生してた家人のせいですが。




絶妙なラインナップな本売り場の棚側面にて
ペ様は静かに色褪せていかれます。



あと、これなんすか。



詳細の判るエロイ人募集中です。






*****


後編へ続きます。
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
ほら、こわくない 後編 HOME 祓いたまえ清めたまえ
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]


    PR
    カレンダー
    08 2017/09 10
    S M T W T F S
    1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    過去ログ

    新着コメント
    [01/20 亜鉛]
    [01/20 瞬様]
    [06/24 亜鉛]
    [06/24 アキスケ]
    [06/02 亜鉛]
    連絡先
    mail:zakokoro★gmail.com
    ★→@に置換お願いします。