忍者ブログ
140字に収まらないアレコレを。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


197年1月の出来事。

おや。
放浪から旗揚げと順調に成長してるのは知ってたけど。



>>>> 三国志Ⅷエントリ一覧





張温→王允へ引継がれてます。

うちが自転車操業でひいひい言ってる間に
劉備軍が大陸の大本命になってたようで。

186年スタートの当プレイ。
当時は黄布の乱が収束し、大陸の大半が何進色。
対抗となる勢力も存在せず、一見大局は安定しているように見えます。
が、実際には何進統治下で不満が蓄積されている時代背景があり、
この為、配下武将の忠誠値が軒並み低く設定されています。
その上、2回も君主交代しちゃいましたから。
PKで何進の寿命縮めたのもありますが、さらに張温病死で王允にバトンタッチ。
ただでさえ低かった忠誠に追い討ちがかかったところへ、
救世主のごとく魅力君主様降臨という経緯を辿ったようです。

万能君主は救世主にならなかったのかって?
そこは反乱君主の業。
太守で反旗を翻し独立した場合、悪名一気に+500ですから。
まさに乱世の姦雄、治世の能臣ってやつです。



話は本筋へ戻って、拡大した劉備軍との同盟。
正直安堵した部分もありまして。


劉備軍が分断してるのは都督一本釣の為。

隣接一歩寸前の緊張感というか、かーなり際どいんですよね。
敵勢力は少ないに越したことないし、
何より劉備軍の陣営えぐい事になってるし。



我が曹操軍も領地2つになり、自分も軍師に就任と、
安定してきて、これから巻き返しを図る所ですから。
同盟が切れるまでに、劉備軍に対抗できる力をつけるのが目下の課題です。






そして18ヶ月後。





遂にこの日が来た。





あれから万全を期して富国強兵に励んできた。
大丈夫、そう簡単に負けやしない。








(゚д゚)



進言しなかったらフツーに同盟再締結。

ちょ、まじ?




再締結から1年足らずで絶妙にムカつく使者よこされました。





ですよねー。
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Ⅷ-弐拾壱 HOME Ⅷ-拾玖
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]


    PR
    カレンダー
    08 2019/09 10
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30
    過去ログ

    新着コメント
    [01/20 亜鉛]
    [01/20 瞬様]
    [06/24 亜鉛]
    [06/24 アキスケ]
    [06/02 亜鉛]
    連絡先
    mail:zakokoro★gmail.com
    ★→@に置換お願いします。