忍者ブログ
140字に収まらないアレコレを。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



PS4フリープレイで始めた討鬼伝・極、
70Hオーバーにしてようやく極のエンディングまで見ました。
無印と極、ソフト2本分と思えば妥当なボリュームでしょうか。
追記はネタバレ前提で。








誘われて始めたものの、生粋のアクションヘタレのアテクシ。
70Hかけて受け流しがたまに出来る時があるかもしれない程度の貧弱さ。
火力よりも当てやすさ、避けれないので耐える前提。
ということで序盤から最後まで通して防スタイル薙刀でした。

そもそも薙刀が被弾せずに当て続けてなんぼの武器なので、
回避運用のが適正ですが、迅スタの空蝉枚数で足りるとも思わなければ
再使用のリキャも回らないと確信しての防スタイル。
蔑みたいなら蔑むがいい。死んだら終わりだが生きてたら何とかなるかもしれない。
と究極に開き直った選択肢でしたが、wikiによると空蝉運用すら甘えだそうで。
ゲームカーストまじ怖い。野良マルチとか絶対やんない。

鬼ゲージ貯めて、天岩戸発動して鬼千切りぶっぱして無敵延長して
効かん効かんぞフゥハハーって数十秒の俺TUEEE。
その一瞬の為にゲージ貯めるべく攻撃に近付いては殴られ、
少し離れて防御ゲージ張り直し、張り終った直後に死角からまた殴られてます。






無印当時はムツゴロウ忍者君イチオシでした。若干過去形。
厨二系無口クールキャラと思いきや、天狐ネタですっかりイロモノ化。





してるだけでなく、いちいち発言がウェットでセンチメンタル。
感情を殺し切れずに抜け忍なったの引きずってるくせに、
「無事でよかった」とか「敵でも可哀想だ」とか平気で言っちゃう。
見た目と口調に騙されることなかれ、何で暗部になったか正気を疑う甘ったれです。
面白可愛いですがカッコイイとは思いません。




血反吐はいてハッタリ体現とバルマ●ッサの大虐殺。

じゃあカッコイイのは?と訊かれたら相馬と九葉。
相馬氏は割とストレートにカッコイイと思うので、言及するのが正直悔しいんですが。
万能で余裕しゃくしゃくのヒーローじゃなくて苦渋舐めてるのがいい。
エエ声とは違うけどいい意味で耳に残る声と思ったら、緑の大御所でした。

打鬼伝のストーリー自体は主人公ちやほやヒーローもので、
何も犠牲にせず万事めでたしめでたしの王道ですが、
個人的にタクティ●スオウガはLルート派でして。
つまるところ九葉さんはカッコイイんです。

トラウマ解放でタラしこむ無印パターンも要らない、過去にブレない人達。
しかし前者はロリコン、後者はどう見てもデ●ムでなくレオ●ール。
女子に普通にオススメできる男性キャラいないんじゃないか疑惑。




「腰抜けは指咥えて見てろ」って選択肢はどこですか。

尚、公式的に女子ウケ狙いと思われる伊達男君はないです。
死に別れた昔の恋人に未練タラタラで、他の女口説くとかまずない。
女たらしは甘くてキザだからイイんじゃない、どんな女子にも平等だからいいんです。
トラウマ無印勢の中でもダントツにうだうだする最年長とかほんとない。
友達に「そこなの!?」言われましたけど、むしろそこしかない。





女性キャラなら凛音の姐御一択。
エロタレ目も黒タイツもオネエ調もヅカ調も大好物です。
29歳って現実的な年齢なのもいい。たまらん。
登場遅くてあんまり絡みないのが残念無念。




頬を伝う涙、よりも谷間ガン見。

無印当時なら第一印象からけしからん谷間の主、那木さんでした。
想いが通じたのか、禊の初邂逅は彼女でした。いいぞもっとやれ。






オナノコとの初禊が満足の結果だった一方、初・禁断の異性禊は画像の通りです。
友好値が独走だったせいなのか、追い出されることもなく加護と禁断称号頂戴しました。


「ゆっくりしてってね」とか「背中流しましょう」とかザラに出てきて、
せつこ、それ禊やない温泉やって言いたくなる禊ですが、
混浴とか無論アウトなわけで、合法的に薄着の異性と過ごすシステムと思い至りました。
おとなってきたない。




三十路すぎたオッサンらの遠慮のなさ。待ってた言うなし。

禊は基本誰も誘わず、おみくじ気分で行きますが、
連続エンカウントする人が出てくると軽くホラーです。
無印だと橘花、極だと相馬と九葉。女子はさておきオッサン2名。
花も恥じらう無印のピュアボーイズ見習え。




覗きでなく堂々と行きますので冤罪です。

男性時間だろうと関係なく乗り込むBBAが悪いとか聞こえません。
記事本文考えてて、「よいではないかよいではないか」と
「いいじゃん減るもんじゃないし」と「口では嫌がってても身体は正直だぜ」と
どれにしようかなって。我ながらこれはひどい。



長くなったので分けます。
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
いつかこの場所で星を見られたら 下 HOME 帰る理由
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]


    PR
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    過去ログ

    新着コメント
    [01/20 亜鉛]
    [01/20 瞬様]
    [06/24 亜鉛]
    [06/24 アキスケ]
    [06/02 亜鉛]
    連絡先
    mail:zakokoro★gmail.com
    ★→@に置換お願いします。