忍者ブログ
140字に収まらないアレコレを。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


リゲインアートマとったどー

やたら日数かけて書き上げたエントリのあまりのつまらなさに眩暈がしたので、
視覚的に面白そうなSSでごまかして、追記に収納しときます。
ゃだ、このひとたち、もるもるしてる;;;;;





先日公式フォーラムで、アビセアとLV上限開放で
難易度が下がって物足りなくなったとの意見を沢山見ました。


そーかな。


確かにレリックやミシックといった過去の頂点たる装備を考えると
アイテム取得もコンテンツ参加もハードルは下がったと思います。

が、物品取得ではなく立ち回りは難しくなったと思えてならない白ゴコロ。
特に白は需要と要求水準どっちも上がったジョブではないでしょうか。



外界ではMPが行動のボトルキャップであり、かつ不動の大義名分でした。
白への期待は全状態異常の治癒と、高位レイズによるデスペナ軽減。
ヘイトもコストも高い回復は極力控えて、
必要最低限の魔法でヘイトとMP管理してこそデキる白姫。

元々MPの枷が嫌で後衛は眼中になかったんですよね。ヒーリングがだるだる。
それなのに白を上げたのは、単純に身内での穴埋めからですが、
丁度LVが上がりきる頃に世の中の舞台がアビセアへと移行しまして。



もうアートマ様様。すんごいリフレにすんごい開放感。
ついでにすんごいパワーインフレ。与・被どっちも。
ケアルⅢ、Ⅳじゃ到底追いつかなくてⅤ、Ⅵがメイン使用。
ディバインベニゾン効果もあって、回復面では他ジョブの追随を許しません。

一方で、異常治癒面。LV上限が上がってサポ白でも全種カバー。
ありがたみ薄れてます。と、思いきやそうでもない。
異常付与が範囲かつ頻度もハンパないので、
ここでも前述のディバインベニゾンが効いてきます。
ヘイスト付でナ系なら、最詠唱はほぼストレスフリーです。
ソラス+サクリ、ミゼリ+エスナ、印+ナ系orイレースと、バリエーションも豊富です。

既存のセールスポイントでなくなったのはデスペナ軽減のみ。
経験値インフレのおかげで、あるに越したことないという程度になってます。



と、ここまでは白需要拡大のお話。
需要の根幹は要求であるわけで。








2月22日、2人で初討伐。

個人的に白の極みはイラタム戦だと思います。
全NM戦を網羅してるわけでもないですが、そこそこ数こなして慣れてても
些細なミスが敗北に繋がりかねない緊張感溢れるバトルができますおらわくわくしてきたz

被弾したらケアル、異常になったらナ系。
基本的には単純な対処ルーチンの繰り返しです。
ただ速度と正確性はかなりシビアです。

順番はHP回復→異常治癒で。
大魔法/WS共に被弾に耐えれるのは大抵1回までなので。
ただしカーズナだけは例外。
呪いでMHPが半減するので、ケアルしても無意味というのもありますが。
半減したHPではほぼ即死になる為、速やかにカーズナ→ケアルの対処が必要です。

バイオも併発してますがイレースは最後です。
でも治してはおかないと、他の異常とでイレース複数回になってリキャで詰みます。
サクリファイスで呪いとバイオ同時に吸う方が早いですが、呪いはMMPも半減です。
MPを半分吹っ飛ばして枯渇しないなら問題ないんですけどね。

即死リスクの面では防御/魔法防御ダウンも注意が必要です。
パラナやサイレナと比べると放置しがちですが、即死リスクが上がるので治します。
とにもかくにも、いかに盾が即死しないかがターニングポイント。
大ダメージの1撃が来ても、生きてさえいればケアルできます。
1撃を耐え切るのは盾の役目、1撃を耐えられる状態に保つのは白の役目です。

ヘイストやバ系、弱体の優先頻度は低め、余力があるなら入れます。
特にヘイストとバ系をタイマー型ルーチンで組むのは危険です。
回復・治癒が遅れやすく、バ系は近付く為、範囲巻き込まれもあるので。
アートマもありますし、MPケチらずスパン気にせず、かけられる時にかけときます。
ちなみに弱体は白90キャップ、安物装備ブーストでもそれなりに入ります。


なお、上記は全くもって具体的な記述ではありません。
数ある対処ルーチンの中でも重要と思われる所の、
さらに根拠になる部分であって、対処自体にはほぼ触れていません。
単に対処ルーチン全列挙はめんどかったんですけど。

イラタム戦に限ったことでなく、全戦闘に言えることですが、
敵WSと付随するステータス異常の下調べは必要です。
実際に戦ったところで、ログに出ない異常効果を知る事は不可能なので。
暗記なんてことはさすがにやってませんが、
wikiの該当ページ開いて、戦闘中に確認しながらやってます。


威力の上がったガでHP2700の盾が即死した初イラタム戦に始まり、

回復よりも異常治癒を先にしてたら盾が沈んだり、

終盤のラッシュで呪い→ガ詠唱のコンボで盾が沈んだり、

バをかけにいったらプガがきて盾が沈むのを寝ながら眺めてたり、

ガ詠唱のログが見え、ケアルⅥを詠唱したらガの着弾よりも早くケアルが発動して、
ガ被弾後に回復リキャストが追いつかなくて盾が沈んだりと、

結構バリエーション豊かに負けてますKちゃんごめn


一瞬の判断ミス/遅れが敗因になったことも少なくはありません。
運が悪かったと言えても、仕方ないと言ったらそれまでです。
芳しくない状況を覆す術を模索するべきです。

強いられた事も、責められた事もありません。
ただ、そうするのが楽しい。アイテム取得よりも立ち回り追究の方が楽しいです。
自分の動き次第で勝敗が左右されるんですよ。生かすも殺すも自分次第ですよ。
まさに生殺与奪権【私のもの】ゆびさきひとつでだうんさひゃっはー。
真剣にゲームする白姫ちゃんとかドン引きなんて言われたところで、
ケアルやめます^^;で万事★解決




と、長々つまんない話しましたが、あくまで自分個人のプレイスタイルのお話。
そこまでしないといけないラインを設定する気はありませんが、
そこまでしないと勝てない状況は実際にあると思います。
そこまでやりたいか、やりたくないかは個人の意思ですね。
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コッソリ愛読中|ω`*)
立ち回り研究、同感です!(`・ω・´)b
敗北あってこその経験ではありますが、人数多く集めてダラダラorテキパキと討伐よりかなり楽しめると思ってます(個人の好き嫌いはありますが…)。
少人数でもどうすれば達成出来るかとか、どうすれば他の人が快適に戦えるかとか、戦闘中に何かを見出しながらプレイするのが好きでした。

その割には二人っきりで負けた時のガッカリ度が半端無くてアビセアでは滅多にやりませんでしたがww
割猫 2011/04/30(Sat)  23:15 編集
返信
>> 割にゃん
私的に立ち回り追究は、小人数戦に限定するものではないですが、
大所帯では被弾が複数人になって、結局ケアルしかできなくなかったり。
そういう意味じゃ小人数であれこれ練る方が楽しいっちゃ楽しいです。
パワーインフレパネェなアビセア内では、火力面も少人数で問題なく、統率の面でも安定するし。
気軽に行けるバトルコンテンツとしては成功だと思うんですけど、
それだけに混雑具合も半端ないのが残念ではあります。

ちなみに2人で負けても懲りない自分ですが、
弱点の関係上、3~4人いた方がベターだとは思います。
亜鉛 2011/05/01(Sun)  11:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
シュレーディンガーの猫 HOME ナニシタイ?
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]


    PR
    カレンダー
    06 2020/07 08
    S M T W T F S
    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
    過去ログ

    新着コメント
    [01/20 亜鉛]
    [01/20 瞬様]
    [06/24 亜鉛]
    [06/24 アキスケ]
    [06/02 亜鉛]
    連絡先
    mail:zakokoro★gmail.com
    ★→@に置換お願いします。