忍者ブログ
140字に収まらないアレコレを。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

A君:こみこみ
自分:さすがGW

事故渋滞で45分押し。伴って現地到着見込も13:00から13:45に。
うん、5月2日だしね。本命連休の初日。予定通り行くなんて思わない。
なに、まだ慌てる時間じゃない。


友ヶ島汽船時刻表より。
往路、加太港→友ヶ島13:00の次は15:00発。
復路、友ヶ島→加太港の最終は16:30発。

あ、これ真剣に慌てんとあかんやつや。


A君「巻いて!あと45分巻いて!」
B君「無茶やな」
Gたいちょ「・・・これさ、復路最終の16時半で乗り切れなかったらまた明日なんてことは」
自分「やめてこわい」










13時過ぎ。所要時間45分がそう簡単に覆るはずもなく、
ノリで立ち寄ったとっとパーク小島で遅めのお昼ごはん。 
サーモンいくら丼定食1,500円。うんまい。







B級スポット感MAXなビジュアルですが、海の眺めと味は良かったです。
14時半を過ぎたあたりで、加太港へ。








受付の女性「15時の便ですと、滞在が1時間程になりますが」
我々の往路が帰路だった男性「1時間だけでも見たい人らやな」

乗船前から聞こえてくる不穏なアレコレ。
えー確かに1時間でコンプは無理だろうけどースポット絞ればそれなりよねー
山道きついらしいし?蓋を開けたら体力的に1時間でよかったねなんて?








序盤から遊覧船にないフルスロットルで島に到着。
比較的近い有名所の第3砲台いくかー。

聞いてはいたけど道が険しい。傾斜きつい、小石ごろごろ。
急いでるからペースも速い。ぜーはー。運動不足のBBAつらたん。
靴下なら俺の土踏まずで丸まってるよ。





弾薬庫。実写版ラピュタって言われてるあたり。なんだけど。
何かこう、朽ちたレンガ造りの重厚な建物で、







あちこち崩れた部屋が並んでてって、ほら、ボムとかバットとか?
判る人だけ判って、この実写版ガレルージュ要塞感@ヴァナ・ディール。





砲床跡。からの





トンネル。立ち入り禁止。じゃない。
降りれる?降りるの?降りちゃうよ?

薄暗くて湿ったトンネル。先に外界の光が見える。でも横道。
ちょうど中央、一番暗いあたり。狭い。でも進める。真っ暗だけど。
その先は開けてたり、階段だったり、行き止まりだったり。真っ暗だけど。
弾薬庫がガレルージュ1Fなら、こっちはガレルージュB1F。
ボストーニュ監獄とかフォミュナ水道でもいい。




どんくらい真っ暗かってとこれくらい。スマホのライトじゃ歯が立たない。
ダメ元で明るさをどーんと上げてみたら



暗闇から己が浮かびあがってビビりました。




例えば、この階段を下りたら一回り強い敵。
例えば、この行き止まりの最奥に宝箱。
例えば、その角の死角からアクティブモンスターの不意打ち。





地下回廊参考資料。

僕達が第3砲台から深淵を覗く時、深淵もまた僕達を覗いているのだ。
静まれ、俺の心の中二男子・・・!




とかやってたら、第3砲台の地下うろうろしただけで16時前でふぁー
すいませんともがしまなめてましたほんとすいません。







本日のLight Party。左から竜戦白とカメコ白当方。



係の人「16時半には桟橋にいてください。(いないとどうなってもしりません)」
そんな声鳴き恫喝に従い、16時過ぎには下山した真面目な我々。

A君「時間足らん!!念願の友ヶ島デビューがああ」
B君「穴があったら入りたい男子に1時間は短すぎるな」
自分「あながあったらはいりたいだんし(いみしん)」
A君「よし泊まるか!!」
自分「駅ならどこでもいいよ。うちは近いし」
Gたいちょ「・・・(黙々と海に石を投げ入れる)」

船を待つ間に、海があったら石を投げずにいられない心の小5男子が解放。
疲れた年増は大人しく見てましたが。ちょっとだんすぃー。



17時、最終復路第2便に乗り込み。
乗り切れない人はまた明日、なんてことはなく、ちゃんと2回目来てくれました。
でもそれならもうちょっとうろうろ出来たんj なんでもないですおいてかないで。
あっという間に遠ざかる島に次こそ早い便と心に誓って。
次はスニーカー買って履き慣らして、懐中電灯持ってくるかんな!






19時。行列が出来てたラーメン屋でご飯。
美味しかったけど、並んでまた食べたいかと言われるとうーん。



「駅ならどこでもいいから。いいから。」
と、言い張ったところで走行する車から出れるはずもなく、
供述した一年前のメモリ地点がカーナビに残ってて、またも徒歩3分圏まで配達頂きました。
運転手様ありがとうございました。まだ先長いけど気をつけて。
でもメモリ地点は消そうな。な。







復路フェリーより、島の夕暮れ。

旅行は計画練ってる時がわくわくして一番楽しいと言われますが、
私的には楽しかったねー次どこいくー?って話をしてる時がしみじみ幸せだったりします。
楽しかったです、ありがとうございました。また遊ぼう。
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
5月の公 HOME 制限されたリソース下における2.5次元の実現論
photo by 七ツ森  /  material by 素材のかけら
忍者ブログ [PR]


    PR
    カレンダー
    09 2017/10 11
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
    過去ログ

    新着コメント
    [01/20 亜鉛]
    [01/20 瞬様]
    [06/24 亜鉛]
    [06/24 アキスケ]
    [06/02 亜鉛]
    連絡先
    mail:zakokoro★gmail.com
    ★→@に置換お願いします。